カプセルのスプーンと白い錠剤
公開履歴
多色な薬と葉

ダポキセチンは、心因性早漏を改善する効果のある薬で、もともとは、抗うつ剤として使われていた薬です。
うつ状態の人がダポキセチンを服用すると、射精までにかかる時間が長くなります。
そのためダポキセチンは、早漏の治療薬としても使われるようになったのです。

早漏の人が服用することで、射精のコントロールがある程度可能になります。
すぐに射精してしまうのではなく、それまでの数倍の時間、射精を止めておくことができるようになるのです。

ただしこれは、心因性早漏の人にのみ効果があります。
なぜならダポキセチンは、もとが抗うつ剤、つまり精神に作用する薬だからです。
脳内には、興奮を増幅するドーパミンと、緊張や不安と深い関係のあるノルアドレナリンとがあります。
これらのバランスが乱れると、精神状態は悪くなります。
過度に興奮したり、過度に緊張したりするようになるのです。
しかしダポキセチンには、このドーパミンとノルアドレナリンの働きを抑制する作用があります。
そのため服用することで、精神のバランスがとれるようになり、興奮または緊張が原因による早漏が改善されるわけです。

そのため、心因性早漏ではない人が服用しても、十分な効果は期待できません。
むしろ、興奮が抑えられたり緊張感がなくなったりして、性欲が減退したり、快楽を感じにくくなったりすることがあります。
射精のタイミングをはかるどころか、性交渉自体が困難になってしまうのです。
この他にも、血圧の上昇やめまいや頭痛など副作用が出ることがあるのですが、それも心因性早漏ではない人の方が出やすいと言われています。

そのためダポキセチンは、早漏の原因を確認した上で服用することが肝心です。
心因性早漏の場合は、服用することで非常に高い効果を期待できます。

記事一覧
心因性早漏は治りにくい 2019年08月08日

女性との性行為の場合に早漏である事を悩む男性が約半数近くもいると言われています。早漏である事の明確な規定はありませんが、ピストン運動が10回に満たない場合は一般...

早漏のための外用薬、内服薬 2019年07月12日

「早漏」とは、男性が性交時に早い段階で射精してしまう状態をいいます。具体的にいうと、挿入直後や完全に挿入する前などや、挿入して1~2分といった場合を指すようです...

ダポキセチン登場以前の早漏治療 2019年06月25日

ダポキセチンは、早漏治療に高い効果のある薬です。ダポキセチン登場以前は、早漏治療には麻酔薬が使われていました。麻酔薬をペニスに塗ることで、感覚を鈍らせるのです。...

ダポキセチンの購入方法 2019年06月12日

ダポキセチンを主成分とした早漏治療薬の購入方法として、専門の医療機関で購入するという方法があります。しかし、日本国内では購入することが出来ないタイプであったり、...