キャンプ道具を車にうまく積み込むコツとは

キャンプ歴も少し長くなってくるとさまざまなキャンプ道具がどんどん増えてきてしまうのはキャンパーの誰しも経験していることでしょう。
しかし車に搭載できる量にも限界があります。
まあ、経済的に余裕のある方ならキャンプに適した車に買い替える方も多いのですが、すべてのキャンパーがそこまでお金をかけられるわけでもありません。
大きな収納スペースを確保できるワンボックスカーやステーションワゴンならまだよいのですが、普通のセダン型自家用車ならキャンプ用具を車に積み込むだけでも苦労しているはずです。

そんな方はぜひ車にキャンプ道具を積み込む前に、
まず家族全員が乗車したことを想定して
トランクルーム以外のスペースで収納に使える空間がないか考えてみましょう。
利用できる収納空間を確認してから、積み込んでいくキャンプ道具を分類しましょう。
その分類には
重い物
軽い物
で分類するのも良い方法です。
重い物は下に
軽いものほど上に
そうやって車に積み込めば車も安定しますし、荷物も安定します。
キャンプ場までの宮くねくねと曲がった山道です。
道中でキャンプ道具がぐしゃぐしゃに崩れてしまっては後が大変です。

キャンプ用品を車に積み込んでいくコツとしては
①車の安定性、荷物の安定性を考えて下に重い物を、上に軽い物を積んでいくようにしましょう。
②最初に設営する物を考えて車に積み込む。
③ランタンや食器など割れやすい物はまっとやねぶ栗を利用してクッション性を確保する
④途中で食材などを調達する場合はクーラーなどは取り出しやすい場所に置く。
またはクーラーの蓋を開閉できるようにしておく。
⑤子供がいる場合は、飲み物なども出しやすいようにしておく
子供はよく飲み物を欲しがります。
⑥荷物を車にtる見込む時は後方の視界をできるだけ遮らないようにしておく。
いくら持ってゆきたいキャンプ用品がたくさなっても、まずは安全運転の確保が優先です。

何度か慣れてくるとキャンプ用品の車への積み込むも効率的になってきます。
頑張ってみてください。
カースルテント 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です