介護事業者の分類は介護給付との関係で分かる

介護事業者が亭k場刷るサービスは介護給付や利用者との関係で分類すると理解がしやすくなります。
介護給付の適用対象となるのは、
・介護給付におけるサービス
・介護予防給付サービス
・地域支援事業によるサービス
の3つに分類できます。
それぞれのサービスにおいては
・介護給付におけるサービス⇒要介護1~5の認定者
・介護予防給付におけるサービス⇒要支援1~2の認定者
・地域支援事業におけるサービス⇒要支援1~2の認定者と2次予防事業対象者と1っパン高齢者
が対象となります。

この他、介護給付対象外のサービオスとして
・特定施設以外の高齢者向け住宅の運営
・は食サービス
・高齢者見守りサービス
などがあります。

■介護給付と医療
介護給付におけるサービスには大きく分けて
・介護
・介護+医療
というサービスで考えると分かりやすくなります。
介護事業者は、身体会尾後や生活支援のサービスを提供します。
介護+医療の事業さhでは、療養上の介助や診療の補助、リハビリテーションなどを介護と一体的に提供します。

また居宅サービスと施設サービスでも分けチェ考えるとよいでしょう。
自宅で暮らす高齢者に提供されるのが居宅サービス。
介護保険施設に入所した高齢者に提供されるのが施設サービスです。
居宅・施設サービスの中で、施設が所在する市町村に居住する高齢者に対してのみ、小規模な事業所でw提供されるのが地域密着型サービスです、
ただし、介護付き老人ホームなどの特定施設は、利用者が入居している住居なので、ここで提供されるサービスは原則居宅サービスに分類されます。

■介護給付よりサービスが少ない介護予防
介護予防給付におけるサービスは、施設サービスがなく、地域密着型サービスも少なくなっています。
居宅サービスにおいても特定福祉用具販売などのサービスがありません。
介護予防のサービスにはすべて「介護予防」という名称がつきます。

やかりまだまだお元気な高齢者にとっては介護用墓地おう認識が少ないからかもしれません。
認知症 GPS キーホルダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です