住宅ローンが苦しい時の「家を売る?」「法的手段を使う」の分かれ道

重要なことは
決して住宅ローンを返済するためにサラ金などから借金はぜtgタイにしないで欲しい
このことだけは肝に銘じていただきたい。
住宅ローンも払えないのにサラ金の返済などできないのです。
それはどんどん泥沼にはまっていくスパイらうに入ってしまいます。
また、なんとか残る負債を減らしたい時の任意売却などでも大きな障害となってしまいます。

では返済できなくな田時にどうするか?
まずはリスケ(リスケジューツ)を銀行に相談してみましょう。
例えば返済期間の延長です。
銀行のほうでも時間がかかっても返済してもらいたいと考えているのです。
借入期間が延長できれば毎月にお負担額も減ります。

住宅ローンの返済にめどが立たないのであれば自宅の売却も検討しなければなりあm線。
競売ではなくこれを任意売却と言います。
これは住宅ローンを借りている人が不動産会社兄売却を依頼して売るのですが、スj腰通常の売却方法とは異なりあmす。
ですので任意売却専門の不動産会社に相談するのが得策です。
なぜなら売却価格より住宅ローンの残債が多いいわゆるオーバーローンの状態のことが多いからです。
売却しても残る座借金をどうしていくか?
これは銀行と借主とが話し合って決めていかなければならない問題です。
住宅ローン残債が2500万円
売却価格が2000万円
その500万円をどうするか?
これを銀行に認めてもらう(抵当権抹消に同意してもらう)ことができないとそもそも売却はできないのです。
これは一般の顧客が買える物件ではなくなり、売却には大きなハンデとなります。
ただ、一般的には競売方式よりも高く売れることが多いので残る債務の少なくなります。

個人民事再生や破産など法的手段を利用して債務整理を行う方法もあります。
これで債務を大幅なカットできるものなのですが、これには銀行の同意が必要でなかなかgふぇんじつ問題としてハードルは高いです。
弁護士など専門家の力を借りることも必要です。

結論的には
「リスケジュール」を銀行に相談する
「任意売却して残る債務をできるだけ少なくする」
のがおすすめです。
離婚 住宅ローン 妻が住む 借り換え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です